スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体温管理


美白、健康維持のためには
低体温にならないように気を付けています。


ベースになるところでは、
水分の取りすぎにいちばん気を付けてます。

内臓負担や、三半規管への影響など、美白維持どころか
「水分」のとりすぎには何もいいことありません。

内臓が丈夫な人は、たくさん水分をとったほうが
いいのかもしれませんが。

私は「適量」を心がけています。

あと温度ですね。

外出中で、それしかないというときは仕方ないですが、
殆ど常温のものを飲んでます。

真夏はたしかに冷たい飲み物がほしくはなりますが、
「ちょっと冷たい」くらいになるまで、おいておいてから
飲むようにしています。


あとは、食品ではショウガがいいと、誰もが、どの本にも
書いてあるので、

ショウガは料理を作るときには、
しっかりとちょこちょこ入れています。

野菜室でショウガが切れていることはないですね。


あとは、会社での過ごしかたですね。

会社は自宅ではないので、一人で寒いからと室温アゲアゲ
にするのもヒンシュクですから大変です。

とはいえ、かなり室温調整はしています。
誰かが下げた設定温度を、私があげに行く。

総務部以上にがんばってます。

でも、難しいときに備え、しっかりと防寒対策グッズ
は、会社においてあります。


こうした習慣、一部は前からですが、意識したのは
低体温の話がわっと出てきた、3年位前からです。

低体温は健康から美白から何から何までいいことはないと。
いつのまにか習慣になりました。

生理と肌


女性は月に一度かならず来る生理。

この前兆で、私の場合1週間とか10日前から、
「肌荒れ」が発生します。
いつもの美白のケアだけでは、不十分になってしまう時期です。

そしてさらにこの時期は「気分」も不安定になります。
なんとなくイライラしたりします。つまらないことでも。

とはいえそのまま何もしないわけにはいかないので、

美白を維持するために、このタイミングからは、
いつもの美白ケアに加えて、サプリを服用しはじめます。


気持ちの面では「ショッピング」したり、友達と会ったりして、
会社帰りにまっすぐ帰らないで、
自分なりにいろいろリフレッシュするようにしています。
これは内面から美白促進しますよね。


その時期に服用するのは、
だいたいいつもはハイチオールCが多いですね。

でも、今回はポポンCにしてみました。
ちょっと効力弱いですね。ワタシには。

なんとなく、肌質かわった実感がでない~
尿はやたら黄色いけど。


でも、いろいろ試して、生理前の肌荒れにいちばんよかったのは、
皮膚科でもらったビタミンB2でした。

薬局でかうよりも、皮膚科の処方箋は、安くて効くからいいけど、
会社いってるとなかなか行く時間が作れないのが難点ですね。


あとは、生理中のときは油断すると浮腫みやすいので、
食べ物や飲み物は、利尿作用があるものをえらんでます。
できるだけ。


自分に合った美肌対策


美白、美白対策の情報ってほんとに溢れてます。

なんだかどれがいいのか。。という人も多いはず。

私の場合は混乱しないように、いろいろ考えて動いてます。


まずは、美白予算ですね。
お給料の中からいくらって決めてます。

だからもちろん「エステ」にはいけません。
エステの日以外の美白ケアができなくなるから。
化粧品がかえないというのは厳しい。


あとは情報が多い中でも試せるものは積極的に試してます。
美白の食べ物から、コスメから(試供品で)なにまで。

一度試せば自分の中で、
「ああいうのは無理」
「ああいうのは私には合わない」

というのが、かずある情報の中から見極められるようにも
なり、あまり迷わなくなります。


あとは、師をもつこと?でしょうか。。

佐伯チズさん。そして、吉本のシルク姉さんの
ちょっとした美容アドバイスはすごく参考にしています。

このお二人の美容アドバイスの特徴は、
難しいこと言わず、簡単手軽にできることが多い感じ。


まあ、まとめると、

化粧品メーカーやらエステやらの広告文句に100%振りまわ
されないように、

・自分の使えるお金をきめて
・そのなかでしっかり美白活動をがんばって、チャレンジして
・たよれる専門家の声もしっかりきく

というところでしょうか。

試供品


昨日はしごとが早く終わったので、
久々にデパートでの「試供品」集めにいってきました。

少なくとも半年に一度、いやそれ以上ですね、
試供品をもらいにいきます。


とにかく気になるとこは回って集めます。

一度、自分の肌にいいものを見つけるとそれで
ずーっと使う人もいますが、

わたしは、それ以上良いもの、合うものを探し続けます。

やはり、季節やら体調やらで変わってくる肌ですから
その美白ケア用品も、いろいろオプションをもっていたいと
思うんです。

新しい商品はそれなりに新しいだけあって
いろいろ改良されていて、本当に自分の肌に
あうのもみつかるものですよ。

まあ、その努力も、
美容、美白のためと思うと、
なんというか楽しいんですよね~。


今日の試供品集めは会社の後輩、私の美白学の弟子を
ひとり連れていったんですが、

その子も「どれからつかおうかな~」と
試供品あつめ、直ぐにはまってました。


私は一人でもなんでも、ガンガン「試供品ないですか?」
と攻めますが、

友達と一緒に行くと話も盛り上がり楽しいですよ。


今日、ふと思ったんですが、
私はおそらく美容部員として生きていけるだろうと。
美白レベルでは張り合える!

でも、違うメーカーのは使えないんでしょうね。
彼女たち。きっと。

となるとわたしはすぐクビだな。
やっぱり美容部員は無理だ。

私は使わない「あぶらとり紙」



美白がらみの話で「あぶらとり紙」について
ひとつ紹介します。


なんだかんだと、買わなくても手に入ることが多い
あの「あぶらとり紙」。

ぱっとすぐに表面の油をとってくれるから便利といえば便利。

脂でギトギトした肌
→脂取り紙
→5秒で美白に戻る

これは即効性がありますね。

化粧直しの時に使う人多いですけど、
外出していて急に肌の脂分が気になっても使えるというのは
メリットですよね。


でも、私はこの「あぶらとり紙」は
使っていないです。

何年か前までは使ってましたが、
「あぶらとり紙」は肌に必要な脂分まで「すいとっちゃう」
という話を聞いたから。

要は、性能が良すぎるんです。

「ティッシュ」で充分ということだったので
ティッシュなら持ち歩いているし、安いし困らないや
と切り替えました。

調べてみると、この脂分の取りすぎで、肌はさらに
脂分をだしてしまう。出そうとがんばっちゃうんです。

拭いても拭いても、次から次へと脂分がでてきてしまう
ということ。

これは困ります。

コットンに化粧水をつけて、という方法も
あちこちでおすすめしてますが、

外出中はそれはそれで手間ですし。

化粧直しもパパッとすませたいですから、
わたしの場合はティッシュをおすすめします!

細かい話ですが、美白のためには
こうした細かい知識もたいせつ。

美白は一日にして成らずです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。